子どもみらい教研フォーラムホームページ

フォーラム設立趣旨 フォーラム活動内容 ひらめきステップ NPO法人子育て未来研究所 リンク

〜子どもたちが夢への一歩を踏み出す 「ワンステップ」のための
場を作りたい〜


「子ども未来教研フォーラム」活動の一環として、6月〜7月にかけての全6回、江戸川区にて「中高生のためのWebサイト制作講座」を実施してきました。ホームページビルダーを使用したホームページ制作はもちろん、サイトに掲載する画像を加工するためのPhotoshopを使った画像講座も含め、非常に内容の濃いものとなりました。

参加人数が予定よりは少なかったものの、その分丁寧に時間をかけて教えることができたのと、今年参加した子たちはそれぞれ制作したい内容が明確で、受講姿勢が熱心であったこともあり、一人ひとりのホームページの出来栄えはレベルも高く、大変素晴らしいものが完成しました。

受講者の中のAさん。家庭の事情で、働きながら定時制に通っていて、将来の夢はイラストを描くような仕事に就きたいという子でした。最初は不安げで、何かにつけて「すみません」とすぐ口をついて出るような子で、恐らくは自分の身の上も含め、自分自身に対して自信が持てないような人生を歩んできた子なのだろうと思われました。 同じ年の子に「〇〇ちゃんは、私立に通ってて、お嬢さんでいいなぁ」と、うらやましげに言う言葉を聴き、私たちも何とも言えない気持ちになりました。

講座回数を重ね、自分で描いたイラストをパソコンに取り込み、色をつけていくという作業をやっていくうちに、Aさんにみるみる変化が現れました。「すみません」という言葉は減り、「ハイ!分かりました」という自信に満ち溢れた言葉と共に、生き生きとした表情に変わっていきました。自分のイラストが、色付けされて徐々に完成していくことへの喜びがAさんの心もまた変えていったのかもしれません。

イラストが完成し、自分のイラストを掲載するページにその画像を貼り付けてページができた時「うわ〜っ!」と感嘆の声をあげたAさん。私たちもAさんのその姿に感動を覚えました。最後の授業の日、自分のホームページが全て完成し、アップロードした時、Aさんはジーッと自分のページを見ながら涙ぐんでいました。

この時私たちは、今回のWeb制作講座で「Aさんの夢への扉をほんの少しだけ開いてあげることができたのではないか?」と、そう感じたのです。

Aさんに講座の最後の日「絶対に自分の夢を叶えてね」と言葉をかけてあげたら「ハイ!頑張ります」と力強い言葉が返ってきました。それが、何より嬉しかったです。

某ドラマで、小学生の子が「貧乏で、勉強もできなかったら負け組なの?」と問いかける言葉がありました。もちろん「そんなことはないよ」と、胸を張って言いたいわけですが、残念ながら現実的には「お金持ちで、勉強ができたら勝ち組」というのが世間一般的な考え方なのかもしれません。

でも、叶えたい夢があれば、どんな境遇であれ、未来に向かって頑張れる原動力になると思うのです。Aさんのように、大切な一歩を踏み出す機会があれば、子どもたちが、未来の自分はもっともっと輝けるという希望を持てるような世の中になると思うのです。

そんな世の中に変えていけたら素晴らしいと思いませんか?私たちの力だけでは、もちろん微力過ぎます。

教育機関・企業・行政などの皆さん
是非、私たちと一緒に
子どもたちが夢への一歩を踏み出す 「ワンステップ」のための場を作っていきませんか?


出版物のご案内
シャトル学習システム
「ぴかっと☆ピコット」
発行元: 株式会社
ケイエスコーポレイション
総販売元:教育開発出版
原稿執筆:黒沢正樹「子どもみらい教研フォーラム代表」

>>教材詳細はこちらから
バナー
バナー
Copyright(c)2010子ども教研フォーラム|活動内容|推進事業|法人概要|お問合せ|